エクササイズで外反母趾予防 - 足の裏の筋肉を鍛えるのが効果的

エクササイズで外反母趾予防 - 足の裏の筋肉を鍛えるのが効果的

外反母趾は多くの女性の悩みの種です。
足に合った靴を履くというのも予防改善策の1つですね。
ですが簡単なエクササイズでも予防することもできます。

外反母趾を防ぐ上で大切なのは、足指や足裏の筋肉を鍛えることです。
適度に筋力が付くことで、指の曲がりを防ぐことが出来ます。

エクササイズには様々な方法がありますが、代表的なものをご紹介しましょう。

■グー・チョキ・パー運動
まず、いつでも簡単に実践出来るものとしては「グー・チョキ・パー運動」があります。
方法は言うまでもなく、足の指を使って「グー・チョキ・パー」を作っていくと言うものです。

指を盛んに動かすことによって、足の裏全体の筋肉が鍛えられ、外反母趾を防いでくれます。
動かす際のポイントは、精一杯思い切って「グー・チョキ・パー」を作ることです。
この方法は簡単ですがおすすめです。

■タオル寄せ運動
足裏の筋肉を鍛えるエクササイズとして、タオル寄せ運動というものもあります。
やり方は簡単で、縦に長く置かれたタオルを、足の指でたぐり寄せるだけです。

しかし、簡単そうに見えて実際は指だけでタオルをたぐり寄せるのは至難の業です。
慣れないうちは指がつるほど大変かもしれません。

ですが、これを繰り返し行うと、足指の筋肉が鍛えられ、簡単に出来るようになるでしょう。
このエクササイズは、予防のみならず、実際の治療法としても効果があります。

■つま先立ちエクササイズ
他の方法として、つま先立ちになるエクササイズも、足の指を鍛える上で有効です。
足裏、足指の筋力アップを意識し、エクササイズを行いましょう。

エクササイズと共に、普段の歩き方も改善するよう心がけてみましょう。
正しい歩行は足の指先の筋肉まで使います。
指先を使って歩くよう意識するだけで、外反母趾予防にも効果が見られるでしょう。

-- 外反母趾を自宅で治せる注目の方法 --