外反母趾の予防

外反母趾の予防 - 女性は必要

外反母趾を予防するためには、窮屈な靴を履かないことが1番です。

しかし日常的にそれは難しいという女性には、足の指の運動がおすすめです。

指を動かす際は、土踏まずのカーブを意識しながら動かすのがポイントです。
縦と横のカーブ両方を鍛えることで、足に適度な筋肉が付き、外反母趾を予防出来ます。こまめに実践することで、自然と予防に繋がるでしょう。

外反母趾の原因 - 体の内部と外部

外反母趾には様々な原因が考えられますが、大きく分けて体の内部に原因がある症状と、外部に原因がある症状の二つにわけられます。

原因には多様性があり、そのため外反母趾は複合的な要因から発症する病気とされています。

しかし実際の主な原因となるものがあります。
これらについて、内部からと外部からのものをそれぞれ見ていきましょう。

外反母趾になったらやってはいけないこと

外反母趾になった場合、絶対にやってはならないことがいくつかあります。
一言でいえば、足に過剰な負担をかけないことです。
かといって、まったく安静にしているのもよくありません。
外反母趾は、足の裏の退化が原因ですので、足を健常に戻すために適度な力を加える必要もあるのですが、無理や負担は禁物です。
そこで今回は外反母趾患者のタブーを紹介します。

エクササイズで外反母趾予防 - 足の裏の筋肉を鍛えるのが効果的

外反母趾は多くの女性の悩みの種です。
足に合った靴を履くというのも予防改善策の1つですね。
ですが簡単なエクササイズでも予防することもできます。

外反母趾を防ぐ上で大切なのは、足指や足裏の筋肉を鍛えることです。
適度に筋力が付くことで、指の曲がりを防ぐことが出来ます。

エクササイズには様々な方法がありますが、代表的なものをご紹介しましょう。

-- 外反母趾を自宅で治せる注目の方法 --