症状別の外反母趾治療法

症状別の外反母趾治療法

外反母趾は、症状別にいくつかの治療法があります。

ですので「足の指が曲がってしまった」「酷く痛む」からと言ってあきらめてはなりません。
自分の症状に合わせて適切な治療法を行うことが大事になってきます。

■外反母趾の痛みを緩和させ、歪んだ指を矯正する治療法
この症状の場合はテーピング療法がおすすめです。
テーピングは保存的療法になります。
痛みを和らげたり指を矯正したりすることが出来ます。
痛みがなくなるだけでも、生活への支障は随分となくなるでしょう。


■足の指がうまく動かない症状の場合
足の指を動かすリハビリ運動やストレッチがおすすめです。
足の指が動くようになり、症状を抑える効果もあります。


■外出が多い方の場合は適切な靴を選ぶ
外反母趾対策のシューズを履くことがおすすめです。
外反母趾の方の1番の悩みの種は、靴選びにもなっています。
骨の出っ張った部分に痛みを感じるので、それが当たらないようにするとなると、履ける靴は限られてしまいます。

だからと言って、骨の出っ張りが当たらないよう幅の広い靴を選ぶのは、かえって逆効果です。
幅が広すぎると足を支える力が不安定になり、外反母趾に悪影響を与えるのです。

ですから、ある程度症状が出ている方は、治療用の靴を履いて矯正するのがおすすめです。
いつも履いている靴を、外反母趾治療用のものに変えることで、足が自然と矯正されます。
あらかじめ痛みを感じないように工夫されているので、症状が酷い人も安心して外出することが出来るでしょう。

靴以外にも、サンダルや草履、インソールに至るまで、バリエーションも豊富に揃っています。
自分の足に最適な靴が見つかるはずです。


■上記の方法でも改善されない症状の場合
それでも症状が改善されない場合や骨が酷く曲がっている場合は、手術で骨を切ることになります。
曲がった骨を完全に元に戻すことは難しいですが、手術や治療によって、外反母趾は大幅に改善します。

このように外反母趾は、自分の症状に合った治療法を選択することがおすすめです。
少しの運動を実践するだけでも確実に治療効果を得ることが出来ます。

-- 外反母趾を自宅で治せる注目の方法 --