オルゴール療法で外反母趾を治療

オルゴール療法で外反母趾を治療

外反母趾の治療にオルゴールが使われることをご存知でしょうか。

これはオルゴールの音色を聞くだけという至ってシンプルな治療法です。

奇抜な治療用と思われるかもしれません。
また一見オルゴールと外反母趾は結びつきにくいですが、効果は科学的にきちんと証明されています。

この「オルゴール療法」は、オルゴールの音色によって脳を活性化させ、血行を良くして体内のバランスを正常な状態に戻す効果があります。
この効果が、外反母趾の治療にも大きな力を発揮してくれるというわけです。

言い方を変えれば、オルゴールで血行をよくする一種の「音楽療法」になります。

ただし使用するのは医療用のオルゴールです。

これらはあらかじめ「ある周波数」に設定されています。
この周波数が、脳幹や視床下部といった部分に直接作用し、活性化させます。

この周波数が、全身の血流の流れも活発化や、最適な健康状態に導いてくれるわけです。

外反母趾とは何故起きるかといえば、足の裏、指など、足の健康バランスが崩れているからです。

ですので、全身の健康バランスが整えられることにより、足のバランスも自然と整えられ、回復に効果が出てくるわけです。このことは、テーピングを使った治療法も同じです。

外反母趾へのオルゴール療法では、バッハルベルの「カノン」という曲がおすすめです。
オルゴールは聞く時間を出来るだけ多く持つことで、効果もぐっと高まります。
自宅でも手軽に聞くことが出来ますので、実践のしやすさも魅力と言えます。

医療的な治療や投薬ではしばしば副作用なども見られますが、音楽を聴くだけのオルゴール療法ではもちろんそのような心配は無用です。

何より、美しい音色によるリラックス効果で、体だけではなく心のバランスも整えられるでしょう。

医師によるカウンセリングも行われていますので、自分にぴったりなオルゴール療法が見つかるはずです。

-- 外反母趾を自宅で治せる注目の方法 --