手術で外反母趾治療は最後の手段

手術で外反母趾治療は最後の手段

外反母趾は症状が進行すると、場合によっては手術が必要になってきます。

しかしひとくちに手術と言っても、その方法は症状によって異なります。

ここでは外反母趾の手術の内容や負担について、考えていきましょう。

外反母趾の治療はいきなり手術をすることはありません。
どんな症状でも、まず専用の靴や中敷、テーピングやサポーターなどを使って様子を見ます。

大抵の場合はこれらの治療で効果が得られます。
しかし上記の方法で改善が見られない場合、また親指が30度以上も大きく曲がっている場合は、手術による治療を行われます。

痛みがひどい場合などはすぐに手術しなければならないと考えがちですが、実際はそうでもありません。
あくまでも、手術は最終的な手段です。

手術は最後の手段ですので、体や経済的な負担などを考えながら慎重に検討する必要があります。

もし外反母趾の手術を行う場合、短くても1ヶ月以上は入院しなければなりません。

手術後も、矯正靴を使ったリハビリやケアが必要です。

手術をしてもアフターケアを怠るとすぐに再発してしまいます。
なぜなら、足の裏の鍛錬ができていないからです。
足裏を鍛錬しないで手術のしっぱなしになると、長期に渡る治療となってしまいがちです。

ちなみに、治療には健康保険は適用されますが、手術や入院の費用はかなりの額がかかります。

入院中は、経済的な負担だけではなく、心身の負担も相当なものがあります。

外反母趾を克服するには、通常、長い時間と根気が必要です。
特に手術を受ける場合は、完治させるにはある程度覚悟が必要になります。

上記のリスクをよく熟慮した上で、手術に挑むかどうかの判断が必要です。

しかしテーピングを根気よく続けて治ることも多いものです。
テーピングを諦めずに行い、手術ができるだけ避けるようにしたほうがいいでしょう。

-- 外反母趾を自宅で治せる注目の方法 --